「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」Blu-ray&DVD発売記念 !第二章が見たいんです!

2018年3月23日、待ちに待った

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」

Blu-ray&DVDが発売となりました!!

 

f:id:unatamasan:20180324235541j:plain

祝!!

いやぁ長かった!

昨年の10月5日に上映終了から約半年

(年明けに目黒シネマで「銀魂」と二本立て上映もありましたが)

首が天井知らずに伸びるくらい待ちました。

 

発売前のイベントとして

タワーレコード渋谷店を皮切りに池袋店、新宿店で

衣装展示が行われました。

各所をめぐって実際にキャストの皆さんが着用されていた衣装を目の前に

してテンション上がりまくり。

f:id:unatamasan:20180324235443j:plain

主要キャスト勢揃い~感涙!



先頭を切って渋谷店では3/6から

仗助、康一、形兆、億泰、アンジェロ、由花子、承太郎

メインキャスト全員の衣装が展示されています。(~4/6(金)まで展示中)

渋谷店でまずきれいな状態の衣装を見て感激。

シルエットが美しいこと素材がしっかりしていること、

靴のヒールが高いこと、ボタンが全員違うことなど細かいところまで

考えらえたデザインになっていることがジョジョの世界観を再現することに隅々まで

気を配っていたんだなということがわかりました。

 

形兆の衣装についてはとにかく脚が長い!!ウエスト位置おかしくない?

という腰の高さにも感動しました。

あと億泰とぴったりとくっついているところもやっぱり兄弟は

こうでなくちゃねという感じ。

「TRILLION」の刺繍もしっかり見れて大満足。

f:id:unatamasan:20180324235731j:plain

虹村兄弟!

なんだかんだで渋谷には3回ほど行く機会がありその度に有難い…と呟きながら

拝んできました。

 そうそう田園都市線の渋谷駅ハチ公口にはこんなパネルも展示されてました。

 

f:id:unatamasan:20180325100821j:plain

キラキラしてます。目立ちます。

f:id:unatamasan:20180325100830j:plain

虹村兄弟は別撮りで


3月22日から池袋、新宿でも衣装展が始まるとのこと。

渋谷店もまだ衣装が飾ってあるのにどういうことかな?違う衣装?と思いつつ

池袋店、行ってみました。

仗助の衣装は最初のバドカンの攻撃を受けた後の状態で

袖のところに砲弾の小さな穴がたくさん開いていて

康一はワイシャツの襟に血のりがついていました。

背面には床や壁に背中をこすられた跡のような汚れがありました。

そうか、映画のシーンに合わせてダメージ度の違う衣装が用意されていて

それが展示されているのかと納得。まっさら状態の衣装よりも生々しい感じが

してむしろ興奮。映画の場面を思い出し鼻息が荒くなりました。

 

f:id:unatamasan:20180325000056j:plain

仗助の袖口。億泰を掴むときに受けた砲弾の跡かな

f:id:unatamasan:20180325000115j:plain

康一くんの血のりつきシャツ。生々しくてグッときますね


ということは新宿店の虹村兄弟の衣装もダメージものか!と予想し

これは絶対に行かなくては!と翌日、ディスク発売当日の3/23に仕事の合間に

わざわざ新宿まで出向いて見てきました。(もう必死のパッチ

見事予想通り、形兆にはミサイル弾の返り討ちにあった大きな穴が銅部分に3か所

億泰にはバドカン砲撃の無数の穴、仗助は肩が大きく破れていてズボンや袖も

穴や傷が増えていて激戦のすさまじさを物語る衣装が展示されていました。

f:id:unatamasan:20180325000643j:plain

クレDにより再生されたミサイル弾の返り討ちを受けた穴。ふつー死ぬよね

f:id:unatamasan:20180325000658j:plain

もう一か所。ずれたところにも穴を開けるとか細かいです

f:id:unatamasan:20180325000737j:plain

仗助の肩口。この破れ方は映画の中でも印象的だったのでじっくり見れて嬉しい

f:id:unatamasan:20180325000714j:plain

長ランとその下のズボンにも穴

f:id:unatamasan:20180325000747j:plain

バッドカンパニーの砲弾滅多打ち状態の億泰

もうね、見た時震えましたよね。ほんと。

これが、あの虹村邸での戦闘シーンでキャストの皆さんが着ていたものなのね…

それが目の前にある…という感動。

文字通り血と汗がにじんでいると思うとここに運んでくれたスタッフの皆さんに

感謝しかありません。ありがとうございます。タワーレコードさん

今回はHMVで早々に予約してしまったので売り上げに貢献できませんでしたが

次回何かあったらタワーレコードで予約します。はい。

 

そんなこんなで発売前から浮ついた状態で数日を過ごし

佐川急便さんからHMVの箱が届いたときの感動と言ったら!

オットから

「クリスマスプレゼントを受け取った子どもみたい」

言われましたが包みを開けるのももどかしいという感じで

バリバリと袋を開けて取り出しましたよね、ええ。

 

f:id:unatamasan:20180325214617j:plain

コレクターズエディション!Blu-ray2枚+DVD1枚の3枚組です!

f:id:unatamasan:20180325214749j:plain

メインキャストのビジュアルカード付!

本編、メイキング、製作発表、ジャパンプレミア、初日舞台挨拶等々

入ったBlu-ray2枚、DVD1枚の3枚組。

ビジュアルカード、B6のクリアファイル、ステッカー、山岸由花子問題集

など特典も盛りだくさん。それらをじっくり味わう前に

まずは本編から見ましたよ。金曜日の夕方からね。

そのために仕事は以前よりブロックしてたんですから。

 

で、2時間後。これ以上ないってくらい泣きました。

泣きすぎて頭痛がしたくらい。21回目だっつーのにまだ泣けるのかと

我ながら引く。いや、映画を最後に見てから原作も読み返して

アニメも見てその他いろいろな創作ものも見ていたので

より作品に対する考察が深まった上で見たのでむしろ映画上映時よりも

泣きましたね。

冒頭の形兆の登場シーンで涙腺がやばい。

形兆と億泰が向かい合うシーンでうるうる。

虹村邸に入ってからは泣きっぱなし。

そんな調子でした。

映画についての感想はブログに散々書いたのでここでは割愛します。

散々書き散らかした感想はこちら

unatamasan.hatenablog.com

unatamasan.hatenablog.com

unatamasan.hatenablog.com

unatamasan.hatenablog.com

unatamasan.hatenablog.com

 

で、特典ディスク1のメイキング。

これがねー、素晴らしかったんですよ。

スペインロケの雰囲気がよくてね。ジョジョの世界を思う存分作り込むには

やっぱ日本は狭すぎらーって感じでシッチェス万歳ですわ。

現地スタッフの方たちとの一体感もよくてクランクイン初日に

山﨑賢人くんはすっかり仗助の顔になってました。

本編ではカットされたぶどうが丘高校の屋上で康一と話すシーンが

初日だったのですが、まんま仗助と康一でした。

賢人くん、神木くんでインタビューを受けてる姿も役に馴染んでて

このシーン映画でも見たかったなぁ。

 

山田孝之さんはインタビュー受けてるときはアンジェロらしく

危ないことも言ってるんですけど賢人くんと接してるときは

優しい先輩で三池組常連の伊勢谷さんも一緒に主役としての賢人くんを

支えていていい雰囲気だなぁと思いました。

実は主役の賢人くん以上にプレッシャーだったのではと思ったのが

承太郎役の伊勢谷さん。

映画公開時はジョジョ原作を全部読んでいなかったのでわからなかったのですが

空条承太郎ジョジョ歴代オールスターズの中でもセンターにいるべき人物だと

今更ながら知り、そんなキャラを演じるって相当恐ろしかっただろうなと。

でもそんなことは微塵も感じさせないスマートで知的な甥っ子だったと思います。

 

役作りで身体を鍛えていたという新田真剣祐くんは可愛い億泰そのまま。

インタビューでの話し方は控え目なんですが賢人くんの肩を揉んだり

賢人くんに脅かされたりとじゃれあう姿は仗助と億泰を見ているよう。

形兆役の岡田くんには「筋トレあとにこっちくんなよ怖いよ」

言われてるのにずいずい近づき後ろから抱きついたり抱え上げたり

追いかけた後に花嫁をエスコートするかのごとく手を引いて階段を

降りてきたりとコミュニケーションの取り方がめちゃくちゃ。

原作の虹村兄弟の関係より弟の方が主導権持ってるところがおかしかったですね。

岡田くんも今まで兄貴と呼ばれることがほとんどなかったので

困惑しながらも受け入れちゃうところがらしいなぁと思って

もう少しこの二人の絡みが見たかったですね。

 

形兆のクランクインが良平じいちゃんの葬式の場面で最初のシーンを

撮り終えた後、三池監督から「(形兆が)見えたね」と声をかけられたとき

すごく嬉しそうな顔してたのが印象的でした。

原作ファンでもある岡田くんも形兆の役作りは大変だったと思うので

三池監督の言葉にほっとした様子が伺えました。

 

美術スタッフの方のインタビューもあってスペインの町を杜王町に変える工夫や

虹村邸の造型も見られて思ったより色々な色味が使われているのが意外でした。

映画で見てると薄暗いので壁や階段の色があんまりわからなかったのですが

赤や青や黄色など思った以上に強めの色で塗られていてかなり細かいところまで

こだわって作られてました。

スペインでジョジョの世界観を確立したあとに日本でのセット撮影を行ったのも

よかったのかな。神木くんも言ってましたが最初がスペインでよかった、

日本に帰ってきても杜王町の雰囲気を頭に描きながら演技できたと。

それを聞いて虹村邸に入ってからの賢人くんの表情がどんどんヒーロー仗助に

なっていったのも納得だなと思いました。

 

スタンドCGのメイキングも何段階にもわたって映像を重ねていく様を

見せてくれて実際の映像とCGを違和感なく見せるための技術を追求した上での

映像であることが実感できて

とにかく手がかかってることがわかります。

 

スタッフ、キャストそれぞれができることを出し尽くして出来上がった

映画だったんだなということが伝わり改めて感動しました。

 

公開記念ナビ番組も収録されていて公開直前に放送された番組なんですが

見逃していたので入れてくれて感謝!です。

山﨑賢人くん、新田真剣祐くん、神木隆之介くんがジョジョに纏わる

場所を訪れて撮影裏話を語るというものなんですが

神保町の古本屋でジョジョ連載開始号のジャンプを見るキラキラした目

荒木先生の原画が奉納されている日枝神社で各ジョジョキャラのイラストを

名前を上げながら嬉しそうに話す姿はジョジョに真摯に向き合ってた様子が

伺えて見ていて胸が熱くなるものがありました。

あと賢人くん、真剣祐くんが見て欲しいシーンとしてスタンドバトルだけじゃなくて

仗助が億泰を助ける場面を取り上げてあそこは億泰が変化するキーポイントになる

熱い場面なのでぜひ見て欲しいと語っているのを聞き

うわ~!そこ!私もそのシーンについて一緒に語りたいんだけど!

じたばたしました。めちゃくちゃ嬉しい。

その他サグラダファミリアに岡田くんと神木くん、賢人くんで観光に行った時

岡田くんが感動しているのに振り返ったら二人はピザを食べていたとか

休憩時間に神木くんと岡田くんが衣装のまま将棋を指していたとか

楽しいエピソードも聞けて、できればそれもまるっとメイキングに

入れて欲しかったけどまぁ無理でしたね。第二章で待ってますから。

(岡田くん出るのか?)

 

特典ディスク2は製作発表からジャパンプレミア、初日舞台挨拶の他

各プロモーションの様子が入っていました。

すっかり忘れてたけどこの記者会見、作品名も全部伏せられた状態で

始まったんですね。で、TBS、東宝、ワーナーが初めて三社合同で

製作するというのが話題だったらしいのですが

今見るとこの始まり方からうーん…という感じ。

もう少し普通にできなかったのかなぁ…

無駄に出演者とスタッフにプレッシャーを与えるだけだし

何となくですけど記者の方にもあんまり好感を持たれてなかったような…?

私自身、岡田くんが出てなければあまり関心を持たなかったような気がします。

気の毒なくらい緊張していたキャスト陣がどこか置いてきぼりな

感じはしましたね。

メイキングで現場の雰囲気の良さを見せられた後だけに

営業と現場の温度感の違いあるあるみたいな感じでしょうかね。

 

あとキャスト紹介のとき原作のそれぞれの人物の絵が

バーンと画面に映し出された後に登場するんですが

あまりにも原作の絵と役者さんの見た目が違うので

これも逆効果だったのかなぁと思いました。

原作未読だった私は形兆のこの姿と岡田くんがかけ離れすぎていて

f:id:unatamasan:20180325111222p:plain

この人を岡田くんが演るの??はて??

???で頭の中が埋め尽くされましたね。

今となっては形兆は岡田くん以外考えられないと思ってますが。

 

ジャパンプレミア、舞台挨拶では

岡田くんのスペインでの風呂場で転倒大出血気絶事件については

さくっと削られてました。

やっぱ言っちゃいけない案件だったんですね、三池監督。

もう聞いちゃったしみんな知ってるけどね。

 

各プロモーションの映像も収められており

散々な評判だった女子高生を集めたリーゼントイベントとか護摩行とかも

今見ると賢人くんが真摯に対応していてその都度話す内容も変えていたり

ちゃんと仗助の気持ちになって話していて

よく頑張ったね…」みたいな気持ちになりイベントの良しあしはともかく

賢人くんの頑張りを残してくれたことがよかったと思います。

数々のプロモーションのご褒美的なイベントが公開後に行われた

アニメ版東方仗助役の小野友樹さんとの舞台挨拶でしょうか。

この時の賢人くんは司会者の方が振らなくても(小野さんが聞き上手というのもあり)

とにかくよくしゃべりとても楽しそうでした。

小野さんの気遣いも素敵でようやく重圧から解放されたような笑顔が見れて

見ているこちらも嬉しくなりました。

これで映画も大ヒットだったら言うことなしだったんですが…

 

映画は興行的には成功とはいえない結果だったので

ファンの間では第二章製作が中止になるのではという危惧から

ディスクで盛り返さねばと発売直前からまた公開時に熱くなった人たちが

自然発生的に過去ツイを再RTしたり映画のすばらしさを改めて

語ったりと再び盛り上がりつつあります。

 

私は岡田将生くんきっかけで実写を見た人間ですが

原作にもはまって今ではジョジョの作品としてこの映画は大切な作品となりました。

 

公開当時に実写化に懐疑的だった原作ファンの人でも

見ると「思ったよりよかった」「感動した」「第二章見たい」という声が

じわじわ出ていました。↓上映時の感想がまとめられています

togetter.com

 

映画見逃してた方々もレンタルでもなんでもいいので

ぜひ見て語って欲しいと思います。

まだ第一章なんですよ。始まったばかりなんですよ。

吉良もまだ出てきてないんですよ。他にも見たいキャラはたくさんいるんですよ。

ということ何卒よろしくお願いします。