今更ですが「銀魂2 掟は破るためにこそある」

今更感満載なのですが一応書いておこうかなと
銀魂2 掟は破るためにこそある」の感想をざざっと。

 

昨年公開の「銀魂」から1年で続編公開とは異例の早さでさすがに驚きました。
前作の勢いを忘れないうちに鉄は熱いうちに打てとばかりに畳みかけてくるところスタッフ陣にシリーズ化したい意欲が伺えます。

www.cinematoday.jp

 

2作目の今回は原作の「真選組動乱篇」と将軍接待篇のうちのキャバクラ篇と床屋篇をミックスした内容。将軍篇のギャグパートと真選組のシリアスパートはきれいに分かれるのかと思ったらギャグメインから入って少しずつ真選組動乱篇とクロスオーバーしていく作りはよかったですね。
ギャグパートは福田監督の本領発揮という感じでテンポもいいんですが真選組パートになると福田さん自身が思い入れの強いエピソードだからなのかセリフもそのまま使ってる箇所も多く元々セリフの多い原作なのでやや長いなという気がしました。このあたりは好みが分かれるところだと思います。中村勘九郎さん演じる近藤さんの存在感はさすがで土方、沖田、鴨太郎との関係性をほぼセリフのみで伝えないとならないのですが、勘九郎さんが言うと納得できる。おバカだけど付いていきたくなる局長を体現してました。この映画の中で見栄切ってもらっていいんだろうか(しかも最後までやらせないという)という贅沢さです。

予算が増えたからかアクションシーンも前回よりもカメラワークも凝ってるしロケも人も多くさらに本格的になってました。私が好きだったのは列車の中での神楽ちゃんと沖田の共闘シーン。原作にはないんですけど真選組の制服着た神楽ちゃんが凛々しくて沖田演じる吉沢亮くんとのサイズ感もぴったりでした。

mdpr.jp

 

新メンバーの伊東鴨太郎演じる三浦春馬くんと河上万斉演じる窪田正孝くんは安定感抜群でした。三浦春馬くんの演技はそれほど見たことないのですけどマジメさ故に極端な思想に走ってしまう鴨太郎の哀しみみたいなのを表わすにはいいキャスティングだったのかな。ちょっとかっこよすぎるくらいでした。
窪田くんはアクションはお手のものだと思いますが三味線を背負ってワイヤーを駆使するような小道具の多いアクションは初めてですかね。バイソンのコートに青い髪のカツラにサングラスと彼の特徴である身体のキレや表情があまり見えないのですがそれでも他の役者さんとは一味違うと思わせる動きと表情が見えない分、最後のセリフのときにそれまでとトーンを変えた叫びみたいなところで万斉を表現しててハマってましたね。
「~でござる」の言い方も違和感なくさらりと口から出てくるところもよかった。

mantan-web.jp

あとやっぱり福田監督は土方がほんとに好きなんだなと思いました。だからこそ信頼してる柳楽優弥くんが演じてるのかなと。今回はトッシーになったり見せ場盛りだくさんでした。

万事屋3人組は前作ではほとんどツッコミがなかった新八がようやく本来のツッコミを発揮。ギャグパート増えた分万事屋としての見せ場も多かったのでより「銀魂」っぽかったなと。特に寺門お通親衛隊長シーンの菅田将暉くんはイキイキしてて楽しかった。
小栗さんの銀さんは立ってる姿が銀さんそのものでちゃんとかっこよくギャグシーンが多かった分カッコよさが際立ち銀さんが愛される理由がわかります。
特に万斉とのアクションでワイヤーで木刀が引っ張られるシーンの股を開いたポーズがほんとに決まっててあぁー銀さんだぁーってなりました。

 

桂に関しては今回の映画化の対象となるエピソードの中によく登場したなという意味で出てくれただけでよしとしようという感じ。
元々登場する床屋篇ではばっさりカット。出てこないハズのキャバクラ篇に登場という荒業。
ビジュアルブックによると原作では九兵衛とかキャサリンがキャバ嬢をやるけど背景を説明するのに難易度が高いのでどうしようと思ってたところ桂を登場させようということになったとか。真面目に攘夷活動の資金を集めるために桂が登場したら面白いんじゃないかと。前作出演時から岡田将生くんがギャグパートに出たいカツラップやりたいと言ってた希望も叶えられて一石何鳥だなということで女装姿の桂小太郎とカツラップも見られて嬉しかったですね。

www.cinematoday.jp


エリザベスとともにもはやマスコット的存在の桂ですけど、短い登場ながら笑いをさらっていきました。映画のオープニングを飾る映画泥棒のナレーションの声が桂になりきってていきなりおかしいのと(もうちょっと長く聴きたかった)カツラップをやりなが銀さんと新八に裏に連れていかれる場面のセリフの言い方とかなぜか真選組を追いかけていく銀さんたちのもとにエリザベスに乗って登場したときの掛け合いの感じとかちょっとした声の出し方が武士っぽくなってて面白かったです。物足りないくらいの登場のさせ方が笑いを取るにはちょうどいいのかな。そのあたりは福田監督の細かい笑いに対するこだわりのような気がしました。

 

前作では世間との距離を測りながら作ってたような感もありましたけどだいぶ塩梅がわかってきたのかより「銀魂」らしさが全面に出ていた2作目だったと思います。
今作も好評のようだしぜひシリーズ化して毎年夏のお祭り映画として定着してほしいなぁと思う次第です。ぜひ桂もレギュラーメンバーとして登場してほしいところです。