読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり応援団活動記録

映画、演劇、スポーツ、アートなどなど様々なエンターティメントを勝手に応援するブログ

しりあがり寿の現代美術「回・転・展」

美術展

練馬区立美術館で9/4までの会期で開催されていた

しりあがり寿の現代美術「回・転・展」に駆け込みで行ってきました。

 

漫画家として知ってはいても現代美術でどんなものが展示されているのか

正直よくわからなかったのですが、何か面白そうかなという軽い気持ちで

見に行きました。

f:id:unatamasan:20160904221157j:plain

 

漫画の原画や大きな布地に描かれた墨絵が1F、

f:id:unatamasan:20160904221316j:plain

 

2Fには展覧会名そのものの

回る回る作品群。

チラシにも出ている象徴的なヤカンからダルマ、アート、領収書から下着、

食べ終わった惣菜のパックなどゴミになるようなものまでが

お花畑のように並べられて回ってます。

f:id:unatamasan:20160904221439j:plain

f:id:unatamasan:20160904221536j:plain

回ってるとゴミがアートになる不思議。

その他、カセットテープやレコード盤、歴史の一場面(江戸城開府)のジオラマとか

歴史は回るというコンセプトらしくいろいろなものが回ります。

回転道場という作品ではとにかく同じ場面が延々と続く映像が。

共演は緒川たまきさんという本格的なもの。

 

前に進むでもなく止まるでもなく回れっていうのがいいですね。

とにかく回ってれば何とかなるってことでしょうか。

回りすぎると目が回っちゃうけど。

 

このあと刈谷市美術館、伊丹市美術館に巡回するそうです。

みどころ | しりあがり寿の現代美術『回・転・展』